ウォーターローディング/天然ミネラルウォーターなら光ジャパン
光ジャパンロゴ 会社概要 SiteMap お問合せ
水と健康生活 水と美容 水と料理 水のリラックス効果 水と生活空間 水と不思議 ユーザーボイス ショッピング TOP
水と健康生活
水分補給  
水を飲む効果  
水で病気予防・アクアセラピー  
ウォーターローディング  
水を飲むタイミング  
目覚めの一杯  
お酒を飲んだら必ず水  
便秘解消  
神立の水
ウォーターサーバー
ティファロ
 
 
トップ水と健康生活>ウォーターローディング
水と健康生活イメージ写真

ウォータローディング

ウォーターローディング
ウォーターを持つ女性写真
最近スポーツ医学の世界で注目されている水分補給に『ウォーターローディング』というものがあります。これまでのスポーツの世界では、運動中の水分補給は極力抑えた方がいい、という考えが主流でした。運動中に水分を摂りすぎると身体の疲労感が増し、時にはお腹が痛くなることもあるからです。
 
しかし、現在はこうした考えは否定されつつあります。10年くらい前から運動中に水を飲むことの大切さが指摘されるようになり、今では運動中は積極的に水分補給をするべきだといわれようになりました。その最も大きな理由は、発汗によって失われた水分の補給です。人間は運動すると体温が上昇し、下げるために汗をかきます。それでもなお運動を続ければまた汗をかきます。
  先に説明したように、人間は体内の2%の水が不足しただけでも脱水症状を起こしますから、数リットルもの汗が出ていったまま補給されなければ、やがて危険な状態に陥ってしまいます。それを防ぐためにもこまめな水分補給が必要です。
 
しかし、運動中の水分補給の意味はそれだけではありません。運動によって排泄される汗は体内の水ですから、様々なミネラル分を含んでいます。つまり汗をかくことで人間は水分だけでなく、貴重なミネラル分も失ってしまいます。ことに、筋肉や心臓の機能維持にとって不可欠なミネラルであるカルシウムやナトリウムなどが、汗によって体外に出て不足すると、筋肉がけいれんしてこむら返りが起きたり、急激に心拍数が上がったりします。また、カルシウムやマグネシウムの不足は精神の不安定を招きますから競技に集中できなくなったり、イライラが高じます。長時間運動を続けるテニスプレーヤーの足が突然けいれんしたり、審判の判定にいきなり怒り出したりするのも、ミネラル不足が原因と考えられています。そこで効果的なのが、運動中にミネラルがたくさん入った水で水分補給をすること。ただし、この場合大事なのは、ひとつのミネラルだけが多すぎたりしない、ミネラルバランスのいいミネラルウォーターを飲むことです。
 
ウォーターローディングの考え方では、水は少量ずつ、何回にも分けて飲むことが大切としています。飲む量はその人の体調によっても異なりますが、内臓に負担をかけないためには、1回の摂取量は250ミリリットル以下に抑えるのがベター。人間が1日に排出する水分は2〜3リットルですが、前に説明したように食べ物にも水分が含まれていますから、飲み水としては1日1.5リットル〜2リットルを補給するのが基本です。ということは1回250ミリリットルを1日6〜8回に分けて飲むのが理想的な水分補給です。
 
 
水と健康生活水と美容水と料理水のリラックス効果水と生活空間水と不思議ユーザーボイスショッピング会社概要サイトマップお問合せ神立の水ウォーターサーバーティファロ | ニュースストーリートップ
 
Copyright(C) 2004 Hikari JAPAN INC. All Rights Reserved