ティファロの使い方/アロマバスオイルなら光ジャパン
光ジャパンロゴ 会社概要 SiteMap お問合せ
水と健康生活 水と美容 水と料理 水のリラックス効果 水と生活空間 水と不思議 ユーザーボイス ショッピング TOP
ティファロ
素肌・オリーブオイル  
身体・滋養植物エキス  
心・ヒーリングアロマ  
How to Use  
快眠と入浴  
ユーザーボイス  
ショッピング  
ティファロQ&A  
神立の水
ウォーターサーバー
トップティファロ>睡眠と入浴
ティファロ

快眠と入浴

  睡眠はきれいになるために大切なこと
ティファロは、快適な睡眠へと導く入浴剤。心も体も素肌も癒してくれる入浴剤だからこそ、心地良い睡眠へといざなってくれるのです。現代人はストレスやイライラ、冷え性等ちょっとした事で不眠におちいりがち。翌日に疲れを残さないためにも睡眠は大切にしたいものです。でもいったい、どんな入浴方法が効果的なのか?方法は色々あります。今のあなたにより効果的な入浴方法を選んでみては?
 
 
 
目的 入浴法 効果
ストレスをやわらげたい時。 40℃以下の湯に、ゆっくりと長くつかるとよい。
ただし、血圧や心臓に心配のない人に限る。場合によって42〜43℃の湯にサッと入る。
ぬるい湯は心身を鎮静させる作用がある。ヒステリーもこれで解消。熱い湯は頭と神経のイライラをサッパリさせる。
ぐっすり眠りたい時。 一般に36〜38℃のぬるめの湯にゆっくり入るとよい。 体の緊張が取れて本来の疲れがドッと表に出てくる。
神経は鎮静化する。
仕事前の目覚めの入浴に。 42〜43℃の熱い湯に短時間入る。長湯は厳禁。 交感神経を刺激して、心身の緊張を高める。 朝風呂の効果もこれ。
足のむくみ、疲れを取りたい時。 40℃くらいのややぬるめのたっぷり入れた湯に深く長く入れる。 水圧を利用し、深く浸かるほど圧力は高くなる。おなかにも圧力がかかるので、妊娠中は避ける。
筋肉の疲れを取りたい時。 42〜43℃の熱めの湯に入る。
血圧や心臓に自信のある人は一度出て水をかけ再び入るのも良い。強めのシャワーを当てるのも効果がある。
血行をよくして、疲労を早く取り除く 効果がある。
肌をきれいにしたい時。 一番風呂は避ける。39〜41℃あたりの、ややぬるめの湯の方が良い。あまり長湯をして肌をふやさせないこと。 熱い湯に入ると皮膚を乾燥させ、肌の老化を早め易い。あまり石鹸でゴシゴシ擦らないこと。
  睡眠姿勢と性格分析
1970年代、ニューヨークの精神科医、ダンケル博士によって「寝姿勢と生活分析」について報告されました。
 
 
  【王様型/大の字で仰向けに眠る人】
  このタイプは、あらゆる事に自信をもっている人。精神的にも安定しています。
  【うつぶせ型/体前面を下にして眠る人】
  ベットを支配しようとする気持ちをあらわします。身近な世界にできるだけ多く接しようとする人。日中の生活に几帳面で無理をすることを嫌います。
  【胎児型/横向きで体をきゅっと丸めて眠る人】
  このタイプは自分を解放することが出来ず、生活の楽しみや困難を体験しようとしない傾向があります。
  【 反胎児型/横向きの姿勢で眠る人】
  内臓や心臓を保護しようとする姿勢のため、病気のときや不安が募る時は自然とこの姿勢をとることが多いようです。
 
水と健康生活水と美容水と料理水のリラックス効果水と生活空間水と不思議ユーザーボイスショッピング会社概要サイトマップお問合せ神立の水ウォーターサーバーティファロ | ニュースストーリートップ
 
Copyright(C) 2004 Hikari JAPAN INC. All Rights Reserved